« お山へ | トップページ | 鳥好きさん観察日記… »

2009年2月11日 (水)

ハチドリの一滴(ひとしずく)

今晩TVで放映された「森のラブレター」という番組。

とても共感するところが多くて、見入ってました。

(憧れの北海道の野鳥もたくさん登場してましたし)

普段から自然に触れる事が大好きな我が家ですから、

思い当たることもたくさんあって、いろいろ考えさせられています。

前々から、地球温暖化には強い関心があって、生活も改めているんです。

(例えば、外出は車ばかりだったのを青春18切符で出かけたり、

鳥見も徒歩や自転車が多いですし、遠くへ行ってたのを近場にしたり。)

でも、まだまだ足りないし、もっと何かをしたい気持ちになっています。

番組内で紹介されていた「ハチドリの一滴(ひとしずく)」という話し。

森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げていきました
でも クリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

出典:「ハチドリのひとしずく」光文社刊

私達は、馬鹿にして笑う側じゃなく、ハチドリでいたいって話しています。

ちなみにハチドリって鳥類で最小の部類の鳥さんで、2gのコもいるそうです!

一円玉2枚の重さしかない鳥さんなんて!!

脚本家の倉本聰さんのさまざまな活動は素晴らしいです。

特に破綻したゴルフ場を森に戻すなんて。

自然を壊すのは一瞬、元に戻すには何十年…もっと考えてほしいものです。

倉本さんが主催する富良野自然塾に是非行ってみたいなぁ~

 

写真は、今日登ってきた山でのものです。

自然と触れ合える喜びを感じた一日でしたよ。

おこちゃは山登りの時は特に楽しそうでhappy01

だから私たちもとても楽しいのです♪

P2112619 P2112602 P2112621

(E-30 JPEG撮り ファンタジックフォーカス。写真クリックで大きくなります。)

 

|

« お山へ | トップページ | 鳥好きさん観察日記… »

おこちゃ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054125/27997155

この記事へのトラックバック一覧です: ハチドリの一滴(ひとしずく):

« お山へ | トップページ | 鳥好きさん観察日記… »